徒然なる走り書き

トップページ作りました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

どっちもどっちだけど

松本氏VS槙原、盗作裁判口頭弁論開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000006-sanspo-ent

大局的に見て槙原氏のが勝つと思う。
松本氏は何か勘違いしてると思うのだ。
確か、前に読んだ記事では槙原氏の年代の人は誰もが「銀河鉄道999」を知っている筈だ、と。
そんな事を思ってる辺り、松本氏の器が知れたような感じ。
大物はある程度寛大でないといけないのでは?
実際、一般人は凄い天才!とか騒がれる技術を持った人をお手本として色んな事を身に着けていくんだし。

更に「誰もが知ってる」の度合いもこのおっさんはかなり傲慢だ。
「誰もが熟読している」と勘違いなさっている。
名作なのかもしれないが、興味のない人はそれこそ五万といるはずだ。
「誰もが知ってる」と言う事は、この場合は日本中の誰もが知っていると言う事だ。
俺は名前は知ってるが興味もないし見た事もない。

更に更に言えば、「セリフを盗用している」としているが。
このおっさんだってしている可能性は十二分にあるのではなかろうか?
だって、人間が生きていた時間でこのおっさんだけがこういう文章を思いついた訳ではないし。
仮にこの松本氏が一番早くその言葉を考えついたとしても、「これは俺の言葉だから許可なしで使うの禁止」ってのは何とも馬鹿らしい。
結局、言葉ってのは大勢の人が使わないと意味ないのでは?
そうじゃなければ死語でしかない。

屁理屈を言ってしまえば、何百年前の人にとっては松本氏は盗作者なのかもしれない。
もうちょい上手いこと回るように頭を働かせてみれば?
スポンサーサイト

雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久しぶりの更新 | HOME | 遥かに仰ぎ、麗しの>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。